まつげエクステを長持ちさせるテクニック:触らない

女性のメイクの最大のポイントといえば、やはりぱっちりとした目元となりますが、大きく魅力的な目元に仕上げるためには、目の周りを縁取るまつげは影響力も大きいものです。しかし東洋人は、まつけが下向きに生えていたり、短い、少ない、細いなどの特徴もあり、コンプレックスに感じている方も少なくはないようです。

その為、巷には数えきれないほどの目力強調アイテムが登場しており、そういったものを駆使して、できるだけまつげを長く、多く、太く見せられるように、頑張って毎日時間をかけて作り上げている方も多いようです。そんな中で登場したまつげエクステは、芸能人の中にもファンは多く、ブログなどで紹介されることにより私たち一般女性の間でも浸透していきました。

まつげエクステとは、自まつげに人工毛を専用の接着剤を使って装着していくことにより、自まつげを長く、太く、多く見せる最新美容法で、アイラッシュサロンなどでアイリストと呼ばれる施術者によって行ってもらいます。この接着剤はかなり持続力は高いといわれていますが、やはり施術後の扱い方次第では、取れやすくなってしまったりするので注意が必要です。

まつげエクステを長持ちさせる最大のポイントは、当たり前のことですが触らない、こすらない、引っ張らないということで、これは自まつげを傷めないということにも共通しています。まつげエクステをするとまつげが傷むという間違ったイメージを持たれている方も多いですが、まつげというものは、普通に生活していても毛周期によって生え代わりがあるもので、自然にしていても抜け落ちていくものです。

しかし、目がかゆいからとこすったり無理に引っ張ったりすればそういった外的刺激でも抜け落ちるので、これはエクステを付けている云々は関係のないことです。施術から時間がたち、接着部分が根元から離れてきたからとか、部分的に接着剤が浮いてきたからと指で触っていると、取れやすくなってしまうばかりか、大切なまつげが抜けてしまいます。

またまつげエクステの上からマスカラを塗るなどすると、塗り方によっては接着面をこすってしまうこともあり、これを頻繁に繰り返すと取れやすくなります。そのマスカラをクレンジングする行為も同様です。
長く綺麗に持たせたいと思うのであれば、極力触らない、ということが鉄則で、就寝時の姿勢なども注意が必要で、横向きの時枕とこすらないようにしましょう。下を向いて寝るなどは絶対に禁止です。